2011年03月27日

刺無王冠竜の花芽 〜2011年3月下旬

刺無王冠竜
Ferocactus glaucescens cv. ‘NUDA’

2009年5月購入の刺無王冠竜、まだ2年未満。
今年も花芽が育ってきました。
110327-1.jpg

下は、1年前の3月中旬の同株。
(鉢の直径をもとに上と縮尺を合わせています。)
100313-1.jpg

この冬はビニール覆いをしなかったのですが、軒下の雨・雪には当たりにくい場所に置くならば、うちの環境では、これもそれで大丈夫のようです。
植え付けている鉢は素焼きなので、暖かい季節以外は寒風除けに黒系のポリ袋を巻き付けて越冬。

さて、かわいらしい花芽ですが、残念なことに、昨年は小さいうちにすべて枯れてしまったんです。サボテンビギナーの私にはその原因がわからず…。
今年は今のところ順調そうですが、今度は無事に咲いてくれるでしょうか。
110327-2.jpg

花芽がついてくれるなら、咲いて欲しいなあ。

それにしても、この鉢、ベランダ窓際に吊るした小さな網棚に置いていた一つでしたが、震災をほぼ免れた南関東だったにしても、3月11日の地震でも落ちず倒れず無事でした。有り難かったです。

posted by ikko-いっこ- at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サボテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

ウスネオイデスの開花 〜2011年3月

草のかたちから言っても、育てるというか放置というか区別のないような栽培を始めて、ようやく1年が過ぎた チランドシア・ウスネオイデス。
開花しました。
うちに来てからの初開花です。

110321-1-0319.jpg

この時期に咲くものなのでしょうかねー?
それとも条件がたまたま合ったから? もしや少々乾燥させ過ぎたのが…?
でも。そう、うちの環境と扱いでも咲くのか… ちょっと意外でした。

が。写真を撮ろうとしても、私のウデではピントがなかなか合ってくれず。
110321-2-0319.jpg

もう諦めました。こんな雰囲気の花、と思ってください。
(…何と太い指だ…)
110321-3-0319.jpg

育ち続けて、何だかわからないけど、いつの間にか蕾をつけ、開花してくれて。
そこそこ順調らしく思え、ありがたや。
温室は無く、湿度も気候任せだけれど、この南関東の四季にさらして(私は今のところ冬は室内退避させていますが)枯れず生育していけるんですね、このチランドシア・ウスネオイデスというのは。
現地では詰め物・クッションに使われたりするというだけあるなあ。
葉は明るく柔らかい色合いで姿も柔らかく、このように丈夫らしいとなれば、なかなかお薦めかもしれません。
posted by ikko-いっこ- at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観葉植物・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

2011年2月、世界ラン展。とうに過ぎたけど。

2011年2月下旬、9日間にわたり東京ドームにて恒例の世界ラン展が催されていました。もう、遅れに遅れてのレポート。

110306-1-0220.jpg

いつものごとく、たいへんなにぎわいでした。
下の画像手前は、販売ブース区画。

110306-2-0220.jpg

そりゃあもう、各種ディスプレイも素晴らしく、見所なんですが。
私の関心はそれや展示品より、この販売ブースの物色…。いえ、もちろん出展株もひととおり見ていきます。

私は、蘭も、どちらかというと小花だとか山野草風味のあるものに関心がいってしまうので、画像もかなり偏っています。
画質もやっぱり撮り方ヘタでよろしくないのですが、良かったら下の
「続きをみる?」をクリックしてどうぞ。


続きを見る?
posted by ikko-いっこ- at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。