2013年02月10日

ショエノルキス・ジュンシフォリア(蘭) 〜 2013年2月

ショエノルキス・ジュンシフォリア
(Schoenorchis juncifolia)

おそらく2007年2月購入の、原種蘭。ささやかに開花中。

130210-1.jpg

昨年8月下旬にも数房花がつきましたが、やはりこの季節のほうが多めに花房がつきます。と言っても、私の栽培では、今季も一目で数えられる程度、7房。
この画像からは、6房までしかわかりませんが。
昨年のこの時期は、なんと1房だけでしたから、まぁ良しということで。
が、2009年2月は5房、同年6月に6房、と開花していたのです。
2010年晩春に水苔から籾殻薫炭主体に植え替えてから、がくりと減らしてしまっていたようです。今改めて馴染んできたというところなのでしょうか?

130210-2.jpg

ほんのり色づいている花。この画像では分りにくいですが、透明感があります。
ただ、花が紫色のほう、ということで花無し苗をいただいたんですが〜。
毎年毎回しつこいと思いますが、これを「紫花」と言わせるのか、と、開花を見るたび思い起こされてしまうのです。
初めて見た紫花の大株には藤を彷彿させられ、その印象が強く、それと相まって手もとに欲しいと感じたのでしたから…。

下の花画像は、昨年8月下旬に開花していたときのもの。
夏場の花色はもっと褪せていて、ほとんど、くすんだ白色に。
130210-3-120831.jpg

現在の全体像。昨年と、ほとんど見た目は一緒。
が、開花しているので、一応そこそこには成長しているもよう。
130210-4.jpg

同株の反対側。
130210-5.jpg

それにしても、花房数がささやかすぎるためか、純白でも紫でもない色でもあり、今季も一見では花があることがわからず。
葉っぱが一応元気なことが幸い。
観葉植物としての姿は好きなので、ゆくゆくウスネオイデス並みに繁茂して垂れ下がったら面白そうながら、このように温室なし・ヘゴ無し鉢栽培では無理か?

posted by ikko-いっこ- at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

ディネマ ポリブルボン(蘭)〜2013年2月

ディネマ ポリブルボン
Dinema polybulbon
小型の原種蘭。なかなか丈夫。

2006年2月5日購入、ちようど7年経つところ。

この蘭も、属名は過去の書籍をみると近年紆余曲折あったようですが、蘭展では「ディネマ」と名札がついているようなので、この名でいいんでしょうね。
たぶん。

いま、開花中。
130203-1.jpg

とはいえ、全体でみると、この咲き具合ではちょっとわかりにくいですね。
130203-2.jpg

中央部分にほとんど花がみられませんが、一応、蕾はあり。
が、それらの開花を待っていたら、先に咲いた花が終わってしまいそうで。

下画像は、上画像の裏側。そして今季の室内での吊るし場所。
130203-3.jpg

中央部の開花が遅れているのは、秋の終わりに室内に入れてからは、このようにガラス戸の中央帯で日差しが遮られているからなのでしょうね。
さすがに株の裏側(いつも日陰にしている)には、花も蕾もついていません。

素朴なれど、たくさん咲かせられたら楽しい小型種の蘭。
……うーーーん、生育期にもっとたっぷり灌水して生育させないと…。
130203-4.jpg

新しい根。けっして充分な管理は出来ていないけれど、そこそこになら生育はしてくれる強者さんで、ありがたし。
130203-5.jpg

下部の垂れたバルブと花。(株の裏側から)
130203-6.jpg

ところで、この株、購入時のポリポットから抜いて同じサイズの素焼き鉢(2.5号だったか?)に移し、吊るすためにステンレスワイヤーを挿し留めただけで、結局その後何も手を加えないまま、7年を過ごしてしまいました。
その素焼き鉢も、どのくらい前になるか、自然に割れて底が抜けてしまい。
かろうじてワイヤーを掛けている部分が無事なため、今もそのままに。
130203-7.jpg

竹細工の球体を探してきて、それに被せて生育させていきたい、と以前は考えていたのですが、もうこのまま、成り行きまかせでもいいかな…。

posted by ikko-いっこ- at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。