2011年05月14日

刺無王冠竜の花 〜2011年5月

刺無王冠竜
Ferocactus glaucescens cv. ‘NUDA’
うちで栽培を開始してやっと2年を過ぎたばかりの刺無王冠竜。

今年の花芽を紹介したのが、3月。
昨年は小さいうちに全部枯れてしまったのですが、今年は無事、開花までこぎ着くことができました!

110514-1.jpg

↓ 前回紹介時の花芽の大きさ。2011年3月下旬。
110514-2-0327.jpg

↓ 開花開始。2011年5月8日。上記画像から約1ヵ月半経過。
比べると、育たず消えた花芽もあるもよう。
110514-3-0508.jpg

本日。開花開始日の上記より6日後の今。花首なく咲く姿が愛らしい。
110514-4.jpg

まだ4割程度の開花ですが、すべて咲きそろうまでに、先に開いた花が枯れてしまいそうに思えるので、ちょうど晴れた本日撮影して掲載を。

110514-5.jpg

店舗で見た もっと大きい株の花サイズは、これより大きかったように記憶していましたので、先週開花の兆しを見たときは、この蕾サイズで? と、軽く驚き。

それにしてもサボテンの花の、とにかく奇麗なこと。
透き通る輝き、フリンジのついた花びら。

110514-6.jpg

また、花芽の兆しから開花までは、早春からということ、それに期待していたせいもあるのですが、思ったより月日がかかりました。
けど、ひとつの花の開花日数は、とりあえず今の気候で1週間くらいは保つとわかって、ちょっと嬉しかったり。
やはり分らないのが、昨年花芽が育たなかったことと、今年は無事開花したことの差。ほとんど同じ扱いしかしてきていないはず。さて?
できれば来年以降も無事に咲いてねー。

posted by ikko-いっこ- at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サボテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。