2012年03月03日

クロウェシア 花くらべ 〜 2012年3月初旬

うちにあるクロウェシアは、3種。
今季も、どれも花茎数は少なく開花時期もズレましたし、無理かと思われましたが、状態はベストではないものの、なんとか3種の花を同時に摘むことが出来ましたので、3年ぶりに花比較なぞ。

比較するは、次の3つ。

クロウェシア ロゼア ( Clowesia rosea )原種。
(2012/2/4撮影)
120204-1.jpg 120204-3.jpg

クロウェシア レベッカ ノーザン ‘グレープフルーツピンク’
Clowesia Rebecca Northen ‘Grapefruit Pink’ 交配種。
(2012/2/19撮影)
120303-1-0219RN.jpg 120303-2-0219RN.jpg

クロウェシア グレース ダン ‘チャズフォード’
Clowesia Grace Dunn ‘Chadds Ford’  交配種。
(2012/3/3撮影)
kuhaku.jpg120303-3-GD.jpgkuhaku.jpg120303-4-GD.jpg
 アップのほう、酷いピンボケ…


ちなみに、並びは今年の開花順です。

3年前、これら3種はひとつひとつの花の大きさに大差はない、と記載したのですが、その後の開花を見ていると、

いいえ。 差はありました。

それに気付いてから、また花比べ記事を載せたいと思ってきていたのですが、その後株の調子がいまいちになってしまいまして。
3年前の開花のほうが立派とは…。 それは横に置き。


画像件数多く重いので、分けました。
よろしければ「続きを読む」へどうぞ。

【左】原種・ロゼア 【中】グレープフルーツピンク 【右】チャズフォード
120303-5.jpg
kuhaku.jpg
120303-6.jpg
kuhaku.jpg
120303-7.jpg

※どれも盛りが過ぎ衰えていまして、色はあまり参考にならないです。
 また、グレープフルーツピンクは、色が薄く変異した(?) バルブが近年出てしまいました。
 どれも花房の先から2,3個めの花を採取。

小さいです。レベッカ ノーザン ‘グレープフルーツピンク’。
咲き方、花弁の開き方具合ばかりでそう見えるのではなく、明らかに小型。

なぜ、3年前は大差ないと思ったんだろう?
たまたま株の調子が良くて、本当に差が無かったのか?

【左】原種・ロゼア 【中】グレープフルーツピンク 【右】チャズフォード
120303-8.jpg
kuhaku.jpg
120303-9.jpg

下の画像、2時方向の花弁。これら花弁のふちにも薄く幅が狭いながら、繊細な欠刻があるのですが、ほとんどわからないですね、このへたくそ撮影では。
120303-10.jpg
下画像、12時方向、一番上の花弁。
120303-11.jpg
kuhaku.jpg
120303-12.jpg

花茎の長さこそ、大差ないようですから、
レベッカ ノーザン ‘グレープフルーツピンク’ がスカスカ風で、
グレース ダン ‘チャズフォード’ が花同士のすき間無くみっしり感があるのは、
花弁の開き具合プラス、やはり、大きさだったんですね〜。
なるほど、グレース ダン ‘チャズフォード’ が、過去に賞(AM/AOS:アメリカ蘭協会)を取っているのはダテではないのか。

それにしても。
これらの色合いの花弁に、水色台紙を使ったら、画面がえらくレトロな感じ。


posted by ikko-いっこ- at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおっ、クロウェシアは、3種をこうやって揃って見られるのは良いですね。とっても参考になります。

グレープフルーツピンクって以外に小さい花なんですね。
ロゼアのペタルに繊細な切れ込みが入るのは、ミッカビに共通するところですね。またリップの切れ込みの細やかさもロゼアが一番細いんですね。ボリュームは花が大きいチャズフォードが、ふくよかで見応えがありますね。
楽しめましたありがとうです。
Posted by TOTORO-K at 2012年03月04日 16:11
4年前は、惜しくて、恥ずかしくも花を1輪とはいえ摘むことができませんでした。
2008年1月は、画像を確かめに漁って見たら、原種のロゼアでも、多いものは1花茎に19輪は間違いなく つけていたという…(遠い目)

グレープフルーツピンクの花が確かに小さいと自分が気付いたのは、人様とこの種類のお話をしてからのこと、確か、2年前の2010年2月頃になってからなんですよ。トロいですね。
リップの切れ込みについては、付け加えて、面積に対する比率的に、ロゼアの切れ込みが一番長いようです。
花色について、グレープフルーツピンクは、ピンクがこの3種のなかで一番クリアで濃いはずだったんですが、枝変わりだか 吊るし場が暖か過ぎか 開花終盤で退色が進んだか、全部か、こうして1輪ずつ並べて画像に納めると、これです。あは。どれほどの差が?(苦笑

どれもわずかな違いですが、小花も束になると結構印象が違ってきますねー。
Posted by いっこ at 2012年03月04日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。