2012年03月25日

サボテン・緋牡丹錦 〜 2012年3月

ギムノカリキウム属・緋牡丹錦
2008年 9月23日 購入、3年6ヵ月栽培。

120325-1.jpg

これもまだ3年半。
自分のうちで自分のサボテンを育てよう、と手を出したのが、2008年に入ってから。蘭栽培よりも後だったんですね。

斑のない牡丹玉はベランダ越冬させていますが、斑面積の多めなこれは、厳寒期から春までは室内にとりこんでいます。
一般的な緋牡丹錦はたいていそうかもしれませんが、これも正木物。
正木ではない緋牡丹錦は、交配目的でもなければ、配色が珍しかろうとアウトオブ眼中。

冬の寒い朝は、斑の色がほぼ全て深紅に染まり、それはそれは私好みに見事になるのですが、暖房は弱いとはいえ今の季節、室内置きではこの程度。

以下、片手にライトを持ちながらの夜撮影、画質はボケ気味。
120325-2-0324.jpg 120325-3-0324.jpg
kuhaku.jpg
120325-4-0325.jpg 120325-5-0324.jpg

およそ3年前との比較。購入時直系5cm未満から、今、7cmというところ。
120325-6.jpg
単純にみると、1年に 刺座1段の成長具合なのでしょうか、現在平均は。

斑の出方がけっこう整っている側と、あまり見映えは良くない側。
120325-7-0324.jpg 120325-8-0324.jpg

120325-9-0324.jpgkuhaku.jpg
こちらもムラのある斑ですが、それよりも気になるのは、株が傾いてしまっていいること。
鉢回しに気をつけることで戻るといいのだけど。
kuhaku.jpg
120325-10-0224.jpgkuhaku.jpg鉢は2.5号。
購入約1ヵ月後、プラ鉢から素焼きへ植え替えのあとは、そのまま。
サボテンは植え替えが大事という主旨が何かに書かれていたと思うのですが(けど、用土を使った鉢植えでは、多くの植物がそうかと?)、そこそこ元気に見えるうちは放置栽培。
が、鉢のふちまで生育しましたし、今年は植え替えしましょうか。
kuhaku.jpg
それから、出てしまった子株。色がとんで写っていますが、葉緑素無し。
これを接ぎ木したら緋牡丹の出来上がり? いえ、しませんが。
120325-11-0324.jpg

丸いサボテンは単頭が好きなので、子株はつくってほしくないなぁ。
というか、子株作る体力は、別のとこにまわしてほしい緋牡丹錦。

posted by ikko-いっこ- at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サボテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。