2012年04月29日

蘭・金陵辺の蕾 〜2012年

キンリョウヘン(金陵辺・金稜辺)


日本ミツバチを誘引するという謳い文句でお馴染みの東洋蘭、金陵辺。
2007年2月購入、栽培暦およそ 5年と2ヵ月半。

昨年は、日本ミツバチ効果か、ころころ結実し、その多くを間引かず太り切るまで生らせてしまいましたから、はたして今年は花がつくのか少々不安でした。

が。
杞憂でした。咲きますよ!

奥の花茎の1本は葉で隠れ気味ですが、ここに3本。
120429-1.jpg

ほぼ反対側の向きに、もう1本。今年は計4本。
120429-2.jpg

昨年の花茎は2本しか生えず、植え替えしていないのだし仕方ないものの、花茎の減ったことが、やはりちょっと残念で。(と言いつつ、今も植え替え延期中)
その上、実を生らせてしまった昨年。
それで今年の花茎が、曲がりなりにも増えるとは。

順化している東洋蘭・金陵辺、本当に丈夫だったのですね。
きっと、適宜植え替えを行っていたら、このくらい年月が経てば株分けできるくらい株が充実していたのかもしれませんね。

うちでは、このように(↓)日差しも不足気味らしい だらだらした葉姿に、また葉等も新旧交代が早いのか、株の大きさはあまり変わっていないもよう。
120429-3.jpg

ただし、私の場合、たとえ順調に株が大きくなっていても、おそらく、自分で持ち上げられる大きさまでなら株分けしないでしょうけども。

あとは、できればこの連休中に開花して、また日本ミツバチが無事に採蜜にきてくれて、それが見られると嬉しいのだけれど。


■2012/4/30 追記

・・・・・・折った。(泣

120429-4-0430.jpg
posted by ikko-いっこ- at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キンリョウヘン、元気ですね。
花茎の数も、花の数も、凄く付いてますね。
いっこさんの所の環境と管理が気に入ってるんですね。
これみんな咲いたら見応え有りますね。
これからの開花ですから、日本ミツバチ楽しみにしてるだろうなぁ。結構場所覚えてたりしてね。
かなり蜜を吹くので蜂が大喜びでしょうね。
Posted by TOTORO-K at 2012年05月03日 18:37
記事にしてから日を置かず折ってしまいまして・・・。
折ったのは1本、他は無事とはいえ、にまにましていたところでしたので、がっくりしました。

で。うちの株は悪くは無い、と悦に入りたいところなのですが、近年仕事先のビル街某裏通りに、君子蘭と、札は刺さっていないものの どうみても金陵辺の鉢を 並べているところがありまして、そこの株たちが、葉はピンシャンし花茎も支えもないのにまっすぐ立ち、花数もその姿も、うちのより数段立派なんです。ちょっと考えさせられます。

日本ミツバチの来訪は、楽しみにしています。
どこかで営巣している巣が、住民に発見されたりせず、駆除されいてない、されないことを願って。
けれど、今年はどうもGW明けの開花になりそうで、何にしても、見られなさそうな予感。
Posted by いっこ at 2012年05月03日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。