2012年05月26日

2012年5月21日は金環日食

もう随分日数が過ぎてしまいましたが。
月曜・21日の朝は、金環日食がおきた日でした。

サイトからコピペ↓。うちの地域は、ほぼ完璧な環状を見られる地帯に。
120526-1.jpg

日食観察用グラスは用意しませんでしたが、
(遮光映像なら プロ級の映像が事後 ちまたにあふれると思いましたので。)
これはやはり、映像でではなく自分の眼で見ておこうかと。
地面などに落ちるだろう金環模様になった木漏れ日を見るのでもいい。


と思ったら、当日朝は、そこそこ明るいながら小雨までぱらつくという天候に。
だめかなとは思いましたが、金環状態のせまった時刻にカメラ持って外へ。

東南方面の空。 あの〜、太陽はどこ?? このあたり?
120526-2-0521am7.34.08.jpg

普段はこの時期のこの時間帯に太陽がどのあたりの位置にあるかなんて気にも留めていないということに今更気付き、このとき、しまった、と。
もう、いきあたりばったり。けど、小雨は止まってくれました。

下画像は、北側の空。
肝心の東側は、アレ↑ なのに、こちら側は。と恨めしく記録までにパチリ。
120526-3-0521am7.34.15.jpg

東南側はますます部分的に、妙に黒い雲が集中。ォィ。
それも太陽があると思われるあたり…。もう環が終わる頃の時刻です。
が。そのとき、ちらっ、と!
120526-4-0521am7.37.45.jpg

【左】上画像の部分拡大  【右】左画像の23秒後
120526-5-0521am7.37.45.jpg 120526-6-0521am7.38.08.jpg

おお?! ハッとしてカメラの向きを修正しシャッターを切り、これ(少なくとも左画像は)まだ環状らしい姿の名残りがあるような??
が、撮れた画像は雲が厚すぎて不完全、さらにこのとき、カメラの画素数設定が低いままだったという…。………。

また、太陽のありかが見込みと違ったこと、雲の動きも思いのほか早く、完全らしき姿は肉眼でチラリとだけ、それで時間切れになってしまいました。


上右画像の約2分22秒後。細く長く弧を描く日食。もう環状からは遠く。
120526-7-0521am7.40.30.jpg

そのまた約2分15秒後。環状のときに このくらいの曇り方だったなら…!
120526-8-0521am7.42.45.jpg

雲が切れれば瞬時カッと輝き、
裸眼とフィルタ無しカメラでは、姿を捉えようなどまったく無理。
うっかり刹那に直視してしまって、瞼の裏に三日月型の残像が。
あぶないあぶない。
120526-9-0521am7.45.03.jpg

何はともあれ、期待していた金環日食の木漏れ日観察なども無理でしたが、かわりに雲が遮光フィルターになり、裸眼で、ちらっとだけながらも金環日食を見ることができたことに、思いのほか感動。

ただ。
その後、やはり同じようにフィルタ無しで立派な金環日食を撮影された方の画像を、余所様でいくつか拝見しまして、うーーーん、うらやましい。(笑)
私もできるものだったら環状になったところの記録を残したかったです。
5分間も環状のようすが見られる地帯だったというのに、雲の加減で、わずかな秒数しかお目にかかれず。

ちらりとだろうと肉眼で見る事ができただけで充分、と思ったはずなのに、なまじ三日月状態が 自分の行き当たりばったりな撮影で 思っていたよりしっかり写っていたので、後になって欲がでてしまい。(笑)
もちろん、これらの画像は、まったくたいしたものではないのですが、自分の肉眼で見たという思い出の証拠 なので、自分にとっては嬉しさが湧くのです。
うーん。環状だった姿も自分で撮れた写真があれば、なお嬉しかったんだがなあ。

posted by ikko-いっこ- at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金環日食、見ることが出来て良かったですね。
そちらは雲が出たんですね。こちらは予報が大きくはずれて雲の無い晴れた空での天体ショーでした。
自分はギリギリまで専用眼鏡迷ってるうちに手に入らなくなり結局サングラスで瞬視?で見ました(あはは)
太陽と月が重なった瞬間は、太陽の周りが炎が揺らめくように見えました。
そちらの雲を通して見るのも見やすかったかもしれませんね。
妻は、専用眼鏡が無かったので諦めていたらしいのですが。隣の庭にあるケヤキの木陰を利用した日食を見ることが出来たらしく感動したようです。
自分は木漏れ日による日食を見ることが出来なくて、ちょっと勿体なく思っちゃいました。
でも、なかなか見ることが出来ない天体ショーに出会えて良かったです。
Posted by TOTORO-K at 2012年06月02日 13:52
TOTORO-Kさんの地域は晴れましたか!
こちらは週間予報どおり、曇りで。(いつもは大抵ハズレていくというのに…)
私も、グラス無しで、もともと木漏れ日を観察しようと思っていました。
揺らめき…ですかー。そうですかー。
こちらは環状が終わる頃になってようやく太陽の位置がわかったという状況で。その後も雲フィルター頼みでは、ムラがありましたね〜。(^ ^;
で。サングラスで。大丈夫でしたか?
でも、小学低学年の頃、色付き下敷きで太陽を見る授業があったような、おぼろな記憶が…。
奥様は、木漏れ日で見る事ができたのですね! 私もできればそれを見たかったです。
私も結局広場に行ったので、カッと日が射しても木漏れ日観察は無理でした。
後でちまたの画像を拝見すると、ちゃんと小道具を用意して撮影している方たちが。
無計画いかんなー自分、と。が、お互い、見られて良かったです。

ところで、ご興味はあまりないかもしれませんが…
シゾバシス・イントリカータの種、もしもよろしかったら、お持ちになられませんか?
お知り合いの方にでも、その植物にご興味のある方がいらっしゃれば。
ただ、取り蒔きならほぼ100%芽吹き、苗もなかなか丈夫ながら、蒔かず放置して夏越しすると、ほとんど発芽しなくなってしまう種なので、お気遣い・ご無理はまったく無用です。
もしも気が向かれましたら、お声をおかけいただけると幸いです。
Posted by いっこ at 2012年06月03日 04:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271878137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。