2012年05月27日

イントリカータ種蒔き 〜 2012年5月

シゾバシス・イントリカータ( Schizobasis intricata )

下の画像は、2年前の、2010年4月4日。
上の小さい2鉢を植え替えしたときに、まとめて撮ったもの。
100410-6-0404.jpg
大きい1株だけ植えの鉢が、2008年GW購入の親株。このとき直径3cm。
その隣が2008年7月実生の鉢。
下の大きい鉢が2009年8月実生で、発芽16個体が成育中。


実は、植え替えた上の鉢ふたつは、その年の夏に枯らしてしまいました。
形良く大きくなってきていた親株を失ったことが、なにより残念です。

また、このイントリカータに限らず、その年の春に植え替えした多肉植物は、すべて調子を崩し、夏にはほとんどを枯らしてしまい。
害虫の影響が大きかった種類もありますが、植え替えの際、思うところあって仕様をいつもより保水性高めにしてみたことが要因ではと思っていました。
が、今にして思えば、その頃使い混ぜた用土に、雑菌混入などの問題があったのかも。

で。
その年・季節には植え替えていなかった2009年8月の実生鉢は、生えた16個体すべて無事。 ↓ 今の姿。蔓のような茎の先っぽにつく粒は、種の詰まった莢。
120527-1.jpg

地上性球根は、それぞれ直径2cm程度。
120527-2.jpg

ちょうど今は、種の熟す時期。
種の詰まった莢は既に幾つも収穫しましたが、未熟の莢がまだ残っています。

シゾバシス・イントリカータの(私にとって都合の)良いところは、この地上性球根が分球・増殖したりせず、単体で大きくなっていってくれること。

120527-3.jpgkuhaku.jpg

まぁ、たま〜に、
分球するようなのも出ますが。
kuhaku.jpg
ただ、そのかわり、ある程度の球になると、種を一生懸命作るようになり。

せっかくの種。
捨てるには忍びず、小型植物ですし、多少は蒔いてしまうわけですが。
(それで2年前の失敗で消失させずに済んだのですが…)
120527-4-0520.jpg 120527-5.jpg

今年も発芽しました。取り蒔き、覆土無しがおすすめ。
120527-6.jpg

まず地上球根から作られ。
画像は蒔き床用土と紛らわしくて、見分けがたいですけど。
5月20日種蒔き。一昨日、昨日と発芽したばかりで、まだ2mmにもならない球根たちです。

…と、それはともかく。
これ以上増やしてしまってどうするのか。

とりあえず。
もともとは、5株くらいをひとまとめにこんもりと栽培したくて入手した地上球根性植物なのですが、最初の親株のように、1株だけ単体でのびのび形良く育てる鉢もまた作ろう。 充実して丸くなる球根が、やたらにかわいいのです。

120527-7.jpg
大きくなってきても透明感ある球根(でも撮り方ヘタ)。

古い薄皮を取るとつやつやになりますが、剥く気はなし。これはまだ剥くほどの皮でもないですが。

posted by ikko-いっこ- at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉植物・イントリカータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272036056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。