2013年01月07日

マキシラリア・テニュイフォリア(蘭)栽培日記 〜 2013年1月

Max. tenuifolia (マキシラリア・テニュイフォリア)

2011年6月上旬に譲っていただいて、ちょうど1年7ヵ月。
今までのところ、順調です。丈夫な種類ってありがたいですね〜。

130107-1-0106.jpg 130107-2-0106.jpg

今季は、3個のバルブが成育中。
昨年生育・開花のバルブ以外からも萌芽したというのは、もしかして未開花バルブだった、とかなのでしょうか? それとも株分けによる刺激とか? 性質?
何であれ、萌芽してくれることは嬉しいです。
ただ、全部充分に育ってくれるものなら。

ちょうど一年前の画像があるので、生育比較なぞ。

【左下】2013年1月7日 現在。   【右下】2012年1月7日(1年前)
130107-3.jpg 120107-2.jpg

今年のバルブの生育は、どれも昨年より太り方が遅いようです。
昨年の新しく育っていたバルブは1個(株の一番上)でしたが…。

最終的には、目立つ作落ちにならず無事に3個とも仕上がってくれますように。
そして、その3個とも今年無事に開花してくれるなら嬉しいのですが。

posted by ikko-いっこ- at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキシラリア・テニュイフォリア、育ってますね。
我が家よりバルブ太ってるかも。
それにしても、かなり出てくれますね。
我が家もかなりの数が出てきてます。
これの大株見たことがありますが。かなり大きく上に伸びてました。
全部咲いたら凄いですよね。
花も香りも好きなので大切にしたい一つです。
Posted by TOTORO-K at 2013年01月11日 23:46
こちらまだ、ひとめで生えた新芽がわかる数ですからね〜。将来が楽しみですが。
昨年はバックバルブ3つに新バルブ1つでしたが、今年はバックバルブ4つ、新バルブ3つ。
全部開花バルブになってくれると思わないほうがよいとは思うんですけど、生えて育つ時期だと、ついユメを見てしまいます。
それでもしも全部開花しないバルブになったら…? おおぅ、そうならないことを願いつつ。
無事に、いつか上へと伸びる丈に困惑するような株になってみてほしいものです〜。(笑)
Posted by いっこ at 2013年01月12日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。