2013年02月03日

ディネマ ポリブルボン(蘭)〜2013年2月

ディネマ ポリブルボン
Dinema polybulbon
小型の原種蘭。なかなか丈夫。

2006年2月5日購入、ちようど7年経つところ。

この蘭も、属名は過去の書籍をみると近年紆余曲折あったようですが、蘭展では「ディネマ」と名札がついているようなので、この名でいいんでしょうね。
たぶん。

いま、開花中。
130203-1.jpg

とはいえ、全体でみると、この咲き具合ではちょっとわかりにくいですね。
130203-2.jpg

中央部分にほとんど花がみられませんが、一応、蕾はあり。
が、それらの開花を待っていたら、先に咲いた花が終わってしまいそうで。

下画像は、上画像の裏側。そして今季の室内での吊るし場所。
130203-3.jpg

中央部の開花が遅れているのは、秋の終わりに室内に入れてからは、このようにガラス戸の中央帯で日差しが遮られているからなのでしょうね。
さすがに株の裏側(いつも日陰にしている)には、花も蕾もついていません。

素朴なれど、たくさん咲かせられたら楽しい小型種の蘭。
……うーーーん、生育期にもっとたっぷり灌水して生育させないと…。
130203-4.jpg

新しい根。けっして充分な管理は出来ていないけれど、そこそこになら生育はしてくれる強者さんで、ありがたし。
130203-5.jpg

下部の垂れたバルブと花。(株の裏側から)
130203-6.jpg

ところで、この株、購入時のポリポットから抜いて同じサイズの素焼き鉢(2.5号だったか?)に移し、吊るすためにステンレスワイヤーを挿し留めただけで、結局その後何も手を加えないまま、7年を過ごしてしまいました。
その素焼き鉢も、どのくらい前になるか、自然に割れて底が抜けてしまい。
かろうじてワイヤーを掛けている部分が無事なため、今もそのままに。
130203-7.jpg

竹細工の球体を探してきて、それに被せて生育させていきたい、と以前は考えていたのですが、もうこのまま、成り行きまかせでもいいかな…。

posted by ikko-いっこ- at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディネマ ポリブルボン、こんなにモコモコのボール状態になっているの初めて見ました。
こういうのも良いねぇ。とっても新鮮です。
花も可愛いですよね。これで全体に咲いたら見事ですね。
いっこさん、小型の蘭の大株作りお上手ですね。
今後が楽しみです。

あの、メールをお送りしましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。
Posted by TOTORO-K at 2013年02月13日 22:30
あうっ、ブログまで行き着く前に沈没しておりました。
メールありがとうございました!
以前から引越すべきと考えていたものの、実行に移す段となると、鉢を前に呆然とする有様で。
これは確かによろしくないな、と。物欲に目をつぶり続けた結果が。ああ…。

さて、ディネマ ポリブルボン。
えっ?そうですか? こちらの蘭展では、見本株でもっとボーボーな大きい株が普通に吊るされてるのを見るんですよ。ヘゴ無し(?)栽培もので。
というか、大抵の方は、小型蘭として入手されたら、たぶん、あまり大株になる前にバラされてしまうのでしょうね〜。私は、まだまだ蘭という植物が株分けせずにどのくらい増殖していくのかを見ていきたい気持ちがあるので、と言えば聞こえは良いですが、つまり放置栽培を。
よく「初心者向き!!」なんてあおり文句がつけられていますが、確かに順応性良いです。
もっときちんと管理できれば、もっと繁って花数も増えるのでしょうけど、環境まかせなもので。
今度も日照の他、通風を確保できる住居を探します〜。
Posted by いっこ at 2013年02月17日 06:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。